二重の美容整形を申し込み【安心して利用できちゃう】

女の人
  1. ホーム
  2. どんな方法があるの

どんな方法があるの

レディ

2種類の方法がある

美容クリニックで二重を作る方法は、切らない方法とメスを使って切る方法の2種類に別けることができます。切らない施術法を埋没法と言い、髪の毛よりも細い医療用の細い糸を使って二重を作ります。この施術では切らないこと以外にも、施術時間が短いというメリットがあります。二重にしたいけど仕事や学校を長く休めない人もいるでしょう。この施術法では10分から20分程度の施術によって二重を作ることができます。しかも切る施術よりもダウンタイムが少ないのが特徴で、気軽に受けられる施術として人気を集めています。もうひとつの切る方法を切開法と言い、メスを使って二重を作ります。この方法の大きなメリットが半永久的に効果を持続できることです。せっかく施術を受けても、また元通りに戻ってしまうとがっかりしてしまいますが、この施術方法ならそんな心配もありません。女性は、顔にメスを入れることに抵抗がある人も多いことでしょう。しかし、この施術を受けることで、一重まぶたであることのコンプレックスを半永久的に解消することができます。気軽に施術を受けたいなら埋没法、半永久的に効果を維持したい人には切開法がむいています。それぞれのメリット・デメリットをよく確認して、自分に合った施術を受けましょう。
二重を作る時には2種類のどちらかの施術方法を選ぶ必要があります。それぞれにメリットやデメリットがあるため、どちらが自分に合っているかをよく確認する必要があるでしょう。埋没法では、メスを使わない、短時間の施術で終わる、ダウンタイムが少ない、やり直しができるなどのメリットがあります。切開法と比べ気軽に施術が受けられる方法なのですが、持続効果が永久的ではありません。埋没法は糸で二重を作る施術方法です。時間が経過すればその糸が緩んでしまったりとれたりすることで効果がなくなってしまうことがあります。切開法では、顔にメスを入れる、ダウンタイムが長いなどのデメリットがあります。埋没法と比べ長く腫れなどの症状が現れるため、周りの人に知られたくない人は、長期間の休日などを利用して施術を受ける必要があるでしょう。ただ切開法では、埋没法では得られない永久的な効果を得ることができます。埋没法では何度もやり直しができるメリットもありますか、頻繁に施術を受けるのは経済的にも精神的にも負担が大きいと感じる人もいるでしょう。このように、どちらの施術方法もメリットやデメリットがあり、 一概にどちらが優れているとは言い切れません。自分がどのような効果を期待しているのかをよく考えて、 どちらの施術を選ぶのかを検討しましょう。