二重の美容整形を申し込み【安心して利用できちゃう】

女の人
  1. ホーム
  2. 施術方法は2種類

施術方法は2種類

カウンセリング

料金の違いは施術方法

くりくりっとした大きな瞳はメイクも映えるし誰でも憧れますよね。自分に似合うメイクを覚えれば、一重でももちろん印象的な瞳になれます。でも、やっぱり二重になりたい・一重がコンプレックスで自身が持てないという方は整形を考えてみてはいかがでしょうか。二重の施術には大きく分けて、メスを使わない埋没法とメスで皮膚を切る切開法の2種類があります。プチ整形として知られている埋没法は、医療用の糸をまぶたに埋め込んで二重にする方法です。施術時間は15分ほど、ダウンタイムも3日程度と短く傷跡が残る可能性はほとんどありません。デメリットとしては、糸を埋め込んで留めているだけなので糸が切れて元に戻ってしまうことがあります。どのくらい持つかは個人差がありますが、普段から極力目をこすらないようにしたり、むくまないように気をつけたりすると比較的長持ちするようです。次に切開法。メスを使用し眉下を含む目の周りを切開し二重のラインを作るという方法で、その効果は半永久的です。二重だけでなく、つり目を優しい印象に変えたい・目元のたるみをとりたいという方にもおすすめです。また、まぶたの筋肉が弱く上まぶたが瞳にかかってしまう眼瞼下垂も切開法で改善することができます。デメリットとしてはやはりメスを使うため目立つ傷跡が残ってしまうことがあります。医師の腕も大きく関係しますので実績のあるクリニック選びましょう。
二重の施術には埋没法と切開法の2種類があります。施術方法によってその料金は変わります。埋没法の相場は5万円から10万円ほど。他の施術に比べると料金も安く、15分ほどで終了するのでとても人気がある方法です。ダウンタイムが短く傷跡もほとんど残らないので、こちらの方法を選ぶ方が多いようです。切開法の相場は20万から30万程度。切開法には全切開と部分切開がありますが、どちらも料金はさほど差はありません。まぶたを切って二重にしますのでその効果は半永久的です。埋没法でとれてしまったらまたやり直すしかありません。それを考えたらこちらの方が確実でお得かもしれません。施術の料金に関してはクリニックによって違いがありますが、安さを売りにしているようなところは注意が必要です。なぜなら、新人ドクターの経験のため安く設定されていたり、施術費用自体は安くてもオプションが別途必要な場合もあったりするからです。では逆に高ければ安心かというとそうでもありません。大手のクリニックはブランド力やCMなどの広告費がかかっているため、上手い下手に関わらず高額なことが多いです。もちろん、安いクリニックも高いクリニックも全てがそうではありません。しかしクリニックを選ぶ際には、料金だけでなく口コミなども参考にしながら、信頼できるクリニックを選びましょう。